北朝鮮「権力継承」に兆した大変化

平井久志
執筆者:平井久志 2009年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

後継体制作りが進められてきた北朝鮮で、七月以降、幹部がこの問題を封印し始めた。一体何があったのか。「現時点で後継者問題は論議されていない」 北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長は、九月十日に共同通信との会見でそう語った。金正日総書記に次ぐ政治序列第二位の人物の発言は、北の内部で大きな変化があったことを示している。 今年に入ってから、北朝鮮は金総書記の三男・正雲氏への権力継承の地ならしを進めてきた。六月十日付の労働新聞は金総書記が党での活動を開始したときは「二十代の若さだった」と強調する政治論文を載せた。二十二日付、二十三日付にも後継問題を示唆する論評が掲載され、二十七日付では「世代が何百回代わろうと変化することがないのが白頭山の血統だ」などと「世襲」の正統性が強調された。 ところが、六月まで非常に頻繁に登場していた「後継問題」に関する論評が七月以降ぴたりと影を潜めた。 実は、金永南常任委員長と同じ発言をした人物がいた。 朝日友好親善協会の金泰鍾会長(朝鮮労働党国際部副部長)は七月十二日に、訪朝した福岡県日朝友好協会の代表団に対し、金総書記の後継者問題について「現段階では提起されていない」と述べた。党幹部が外国の友好団体との公式の場で党の明確な方針もなく後継者問題に言及できるはずはない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順