今になって発覚 料理人はスパイだった

2009年10月号
カテゴリ: 国際

 五月、二十五年間に及んだ政府軍と反政府武装組織「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」との内戦が終結したスリランカで、LTTEがフォンセカ陸軍司令官の料理人として何年もの間、スパイを陸軍本部に潜入させていたことがわかった。 料理人の名はシディーク。ジャフナ生まれで、九五年に陸軍に入隊したシディークは料理の腕を買われ、二〇〇二年、当時、ジャフナ地区の司令官だったフォンセカ付きの料理人となった。フォンセカはシディークを重用。陸軍本部でのみならず、コロンボの公邸にも同伴した。また、〇四年十二月にフォンセカが入院した際にはシディークの親戚のフリをして、LTTEの自爆テロリストが四、五回、暗殺のために病院の「下見」にきていたという。 シディークに与えられていた任務は、自爆テロリストが陸軍本部やフォンセカの自宅に入り込むための「手引き」をすることだったが、実際にテロが成功したことはなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順