国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(1)

箸墓古墳でも決着しない「信仰の域」の邪馬台国論争

関裕二
執筆者:関裕二 2009年10月号
カテゴリ: 文化・歴史

 邪馬台国論争といえば、古代史の華である。だから、考古学の新たな発見があれば、マスコミが放っておかない。今年五月、纒向遺跡(奈良県桜井市。ヤマト朝廷揺籃の地)の最古級の前方後円墳「箸墓」が三世紀半ばの造営であった可能性が出てきたと発表され、「邪馬台国はヤマトか」と、大騒ぎになった。邪馬台国の卑弥呼は、二世紀末から三世紀半ばにかけての倭国の女王。当然、「箸墓が卑弥呼の墓なら、邪馬台国論争に終止符が打たれる」と、期待は高まったわけである。 けれどもこれは、新たな迷走の始まりでしかない。 箸墓の造営年代を確定したとされるのは炭素14年代法だ。炭素に含まれる「炭素14」が、五千七百三十年で半減する性質を利用して、遺物にこびりついた炭素の中の炭素14の量を測定して、遺跡の年代を割り出そうとするもので、海外ですでに高い評価を得た手法である。 ただし、欠点がある。時代や地域によって、空気中に漂う炭素14にバラツキがあり、一定のスピードで遺物の炭素14が減っていくわけではない。これを補正した数値のグラフは出来上がっているが、年代幅がある。したがって箸墓の場合、正確には、三世紀半ばの造営とは特定できていない。百歩譲って、箸墓が三世紀半ばの造営だとしても、卑弥呼と箸墓を結びつける証拠は、なにひとつ出てきていない。にもかかわらず、「箸墓は卑弥呼の墓であり、邪馬台国はヤマトで決まった」と豪語する考古学者の発言は勇み足であり、新聞ははしゃぎすぎなのだ。北部九州論者が「畿内論者は、箸墓造営の時期を無理矢理三世紀半ばに合わせようとしている」と批難する気持も、よく分かる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順