“アフリカの心臓”ナイジェリアを悩ませる「汚職」と「治安」

執筆者:田中寛 2009年10月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: アフリカ

[ナイロビ発]今年七月、オバマ米大統領が「ブラックアフリカ」と呼ばれるサハラ砂漠以南のアフリカの初の訪問先として、西アフリカのガーナに足を踏み入れたとき、近隣の地域大国ナイジェリアで持ちきりとなった話題は「なぜオバマはナイジェリアに来てくれなかったのか」だった。 アフリカ随一の約一億四千万人の人口を抱え、世界屈指の産油国であるナイジェリアは自他ともに認める「アフリカの雄」だ。サハラ砂漠以南で南アフリカに次ぐ経済規模を誇り、ナイジェリア人は自国を「アフリカの心臓」だと考えている。黒人に大人気のオバマ氏の「初のブラックアフリカ訪問国」という栄光ある地位を近隣の「小国」ガーナに奪われ、プライドを大いに傷つけられたというわけだ。 オバマ氏がなぜナイジェリアに来なかったかは分からない。ただ、安定した民主主義を誇るガーナについて、同氏は「アフリカ大陸で成功の模範になれる」と手放しで称賛。一方のナイジェリアには、はびこる汚職や紛争、多発する犯罪など不安定なイメージがつきまとう。 八月にナイジェリアを訪問したクリントン米国務長官も「二十カ国・地域(G20)のメンバーになれるはずなのに、汚職があまりに問題だ」と苦言を呈した。せっかくのポテンシャルが政府の無策で台無しなのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順