黒土流出が招く「食料庫」のピンチ

執筆者:西原哲也 2009年10月号
エリア: 中国・台湾

 中国の食糧事情を脅かす大問題が持ち上がっている。中国の食糧庫と呼ばれる東北三省(遼寧省、吉林省、黒竜江省)を中心に「黒土」の流出が加速しているのだ。東北部は中国の穀物生産の約二割を担う貴重な食糧庫だけに、危機感は強い。 黒土とは、植物質や有機質を含む肥沃な土壌で、固まりにくい上に保水・保肥性が高く、耕作用としては最高の土壌といわれる。ウクライナの大平原、米国ミシシッピ川流域、そして中国東北部の三江平原が“世界の三大黒土地帯”とされ、貴重な穀物輸出基地となっている。 ところが中国東北部の大部分では、一九八〇年頃に平均八十―百センチあった黒土層が既に二十―三十センチまで減少、現在では四十センチある“優良地”はまれになっているという。専門家らは、最短あと三十年で黒土が全て消失してしまうと予測している。 黒土流出の原因は、生産拡大を目的とした農地確保のためのやみくもな開墾と森林破壊だ。黒土流出は平地よりも山林地が激しく、保水能力を失った山肌で、降雨や河川の氾濫が黒土を洗い流し河川に流出、不毛な土地をさらに拡大させるという悪循環に陥っている。わずか一センチの黒土層が形成されるのに三百―四百年かかるが、流出するのは数日だけで事足りるというだけに、被害は甚大だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順