80時間世界一周
80時間世界一周(62)

ニューヨークで想起した「黒人パワー」の源流

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2009年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 ニューヨークのJFK国際空港に到着し、ターミナルに足を一歩踏み入れて気付くのは、アフリカ系黒人の存在感である。駐機場を含め空港内のいたるところで黒人ばかりが目に付く。空港を離れ、イエローキャブのタクシーに乗れば、大半の運転手は黒人だ。タクシーを下車し、マンハッタン島の目抜き通りに聳える高層ビルへ入れば、警備員や受付として働いているたくさんの黒人に出会う。 金貨や銀貨など時代物のコインを扱う骨董屋を覗いたときも、店内で警備をしていたのは黒人だった。この店に入ったのは、十六世紀の英女王エリザベス一世時代に鋳造された銀貨に興味があったためだ。しかし、人気商品のため在庫切れ。眼光は鋭いが、あくまで穏やかな口調の店主らしき人物が近寄り、「父親のヘンリー八世の銀貨ならあります」と教えてくれた。大きな顔立ちのヘンリー八世が刻印された本物の銀貨が目の前に差し出され、値段を見ると一万二千五百ドル(約百十七万円)也。やはりニューヨークに無い物はないと、世界の富を引き付けるその強大な磁力に圧倒される。 ヘンリー八世とエリザベス女王が一時代を築いたテューダー朝で、イギリスは海外貿易に目覚め、大西洋貿易に乗り出していく。最も重要な「商品」がアフリカ系黒人奴隷であった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順