中国によるコピーを防げ無人機を撃墜した米軍

2009年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

 九月十三日、米軍がアフガニスタンで使用している無人攻撃機の一機が制御不能に陥り、カザフスタンや中国方面に向かう事故が発生。米軍はすぐさま、有人戦闘機を発進させ、無人機を追尾し、ミサイルで撃墜して事なきを得た。 米軍は昨年、中国やアフガン国境地域を偵察中にプレデター機を墜落事故で失っている。この墜落地点が中国国境から二十キロ程度だったことから、米軍内では「中国に機体を持ち去られた可能性もある」と懸念されていた。 実際、米誌ディフェンス・ニュースでは今年八月、中国軍がすでに米機をコピーして無人機開発に乗り出していると伝えている。同誌によれば、昨年十一月、広東省珠海で開催された航空ショーで明らかに米軍機を模倣したと見られるデザインの無人機モデルが展示されたという。これらを受け、米軍は今回、撃墜という強硬措置を取ったとみられる。 また、無人機が制御不能に陥ったのは今回が初めてで、米軍側は、外国軍やテロリストによる電波妨害があるのではないかとして、調査を進めている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順