インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イラン核開発をめぐる各国情報機関の暗躍

春名幹男
執筆者:春名幹男 2009年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 イランの核兵器開発をめぐり、米ピッツバーグとスイス・ジュネーブで繰り広げられた外交劇。米国の外交力と情報機関の能力が試される形になった。 主要二十カ国・地域(G20)首脳会議の最中飛び込んだ「イランが第二のウラン濃縮施設」のニュース。オバマ、サルコジの米仏大統領とブラウン英首相がそろって緊急会見し、「安保理決議違反」と非難した。 しかしその六日後、国連安保理常任理事国にドイツを加えた六カ国とイランのジュネーブ交渉は波乱なく終了、オバマ大統領が「建設的始まり」と評価するほど前向きの結果を出した。 第二のウラン濃縮施設は国際原子力機関(IAEA)が査察する。イランがこれまで生産した申告済み低濃縮ウランの約七五%に当たる約一・二トンをロシアとフランスへ移送、約二〇%の濃度に高めて、イランに戻し、研究炉でアイソトープ生産用に使用するというのだ。 一部の軍縮専門家はこの暫定合意を高く評価している。 しかし、匿名のフランス政府高官は「これでは解決にならない」と不満を漏らし、ジョン・ボルトン元米国連大使は「イランの勝利」と皮肉った。 さらに、IAEA内部からは、イランの核兵器開発が抜き差しならない段階に達していることを示す重大な情報がリークされた。イランに対して生ぬるい対応に終始し、間もなく退任するエルバラダイ事務局長に対する不満の表明でもあった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順