饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(142)

首脳の威信をも揺さぶるオリンピック招致外交

西川恵
執筆者:西川恵 2009年11月号
カテゴリ: スポーツ 国際 金融

 二〇一六年夏季五輪の開催地をめぐり、候補四都市の首脳らは国際オリンピック委員会(IOC)総会が開かれたコペンハーゲンに乗り込み、華々しく五輪首脳外交を展開した。最終的にブラジルのリオデジャネイロに決まったが、この結果が各首脳の威信と指導力にどう響くかはもう一つの見どころだ。 スペインのカルロス国王とブラジルのルラ大統領は、最初からIOC総会出席を決めていた。オバマ米大統領はミシェル夫人を派遣することにしていたが、最終段階で出席を決めた。鳩山由紀夫首相もG20金融サミットから帰国直後に参加を決定した。 プレゼンテーション(招致演説)で、オバマ大統領はシカゴの素晴らしさを語り、鳩山首相は「友愛」を説いた。ルラ大統領は「南米初の五輪」を訴え、カルロス国王はスペイン世論の高い開催期待を披露した。 投票では、まず本命と見られていたシカゴが、続いて東京が落ちた。リオとマドリードの決選投票となり、大差でリオに決まった。ルラ大統領は会見で「人生でこんな感動的なことがあるとは思わなかった」「この勝利は我々が二等国ではなく、一等国になったことを意味する」と何度もハンカチで顔を覆って男泣きし、感動を誘った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順