官僚の掌で踊る「脱官僚」

執筆者:白石均 2009年11月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

「政治主導」への道を、着実に歩み始めたかに見える鳩山新政権。しかし、霞が関の抵抗は、予想以上にしたたかだ。 組閣直後から、前原誠司国土交通大臣は連日テレビ画面に登場し、八ツ場ダムの建設中止をはじめ、政策変更を唱えた。長妻昭厚生労働大臣が、公務員の人事評価基準の見直しに自ら乗り出したのも、地味ながら重要な動きだ。また、文部科学省では、稟議書の決裁権限を事務次官から副大臣に移す作業を行なった。官僚主導に慣れ切った霞が関では、「これまでと勝手が違う」「大臣らの意向が分からず、動きようがない」といった困惑の声が随所で聞こえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順