リーマン・ショックから1年

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年11月号
エリア: 北米

 世界を金融危機の恐怖に巻き込んだ「リーマン・ショック」から1年が過ぎた。オバマ米大統領はウォール街で演説し、「嵐は収まりつつある」と強調。バーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長も「景気後退は終わった」と楽観的認識を示した。 だが、9月の米国の失業率は9.7%で、26年ぶりの高さ。雇用不安や消費低迷が続き、景気底打ちの実感はない。一方で、ウォール街に再び「強欲」の気風が戻っており、大統領は「リーマン破綻の教訓から学ばず、再び誤った道に進む者がいる」と利益偏重主義を叱責した。 この秋は1929年の大恐慌から80年。雇用不安や消費低迷、企業の信用低下が続けば、景気が再び低迷する「二番底」の可能性もある。 バーナンキFRB議長が「不況終了」を宣言した。 テレビキャスターがコメントした。「ブッシュ前大統領がイラク戦争で宣言した『Mission Accomplished』(任務完了)と同じです」 70年前は、知人が失業した時、景気後退を実感し、自分が失業した時、恐慌を実感した。 現在は、金融機関が政府に救済された時、景気後退を実感し、それに激怒した時、恐慌を実感する。 20年前、ゼネラル・モーターズ(GM)の社員は保有するGMの500株を売って1989年型の新車を買った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順