自爆テロに関心示す北朝鮮の不気味な行動

2009年12月号
カテゴリ: 国際

 北朝鮮がイスラム過激派の自爆テロや簡易爆弾(IED)技術を研究している兆候がある。 米国防総省のIED対策担当者は十月末、下院軍事委員会小委員会で証言し、パキスタンでイスラム原理主義過激派が使用したIEDについて北朝鮮が強い関心を示し、自国の専門家を最近パキスタンの首都イスラマバードに派遣したと述べた。 一方、イスラマバード在住の複数のジャーナリストがパキスタン軍の内部情報として語ったところによれば、十月初めからパキスタン陸軍のテロ対策関連施設に北朝鮮の軍人グループが頻繁に出入りしている様子が目撃されているという。 北朝鮮の特殊作戦部隊に所属する将校らは、パキスタンとアフガニスタンの国境地帯で押収されたイスラム過激派のIEDについて、パキスタンのテロ対策専門家から詳細な説明を受けた上、実際に使用するための訓練を受けたようだと、これらのジャーナリストは語っている。 さらにパキスタンの現地メディアによると、北朝鮮はイスラム過激派による自爆テロの関連資料を提供するようパキスタン側に要請したという。北朝鮮が自爆テロの実行部隊をつくろうとしているという情報もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順