企業年金危機で「日本版401k」の使い道

執筆者:清水常貴 2009年12月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

「日本航空(JAL)も年金に日本版401kを導入していたら再建はやりやすかっただろう」という声もある。JAL再建の最大のネックになっているのがOBへの確定給付年金(DB)。企業年金は国民年金、厚生年金にさらに上乗せする三階部分の年金で、JALのDBは年四・五%で運用する約束になっている。が、二十年国債の金利が二%の時代にそれほど高い利回りを得るのは土台、無理。不足分は会社側が穴埋めすることになり、その積立不足分だけでも三千三百億円を超えている。JALばかりではない。昨年のリーマンショック後の株価下落で、日本企業のDBは積立不足額が急増。十三兆円にも上っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順