ノーベル平和賞は「古い欧州」の陰謀か

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 北米

 ノーベル平和賞は本来、欧州知識人の理念を反映した政治的な賞であり、選考には「古い欧州」の利害が絡んでいる。 英紙タイムズも「選考委員会の決定は極めて政治的だ。過去6人の受賞者のうち3人はブッシュ大統領の政敵だった」と書いた。2002年のカーター元大統領、05年の国際原子力機関(IAEA)、07年のゴア元副大統領はブッシュ政権に批判的で、欧州の味方だった。「平和賞は底意地の悪い欧州人が米国の凋落を早めようと仕掛けた罠」(外交専門家)とのうがった見方もある。 2009年の平和賞に決まったオバマ大統領は「自分は賞に値しない。驚き、恐縮している」とコメントしたが、ベテラン政治家なら受賞を辞退したかもしれない。平和賞が制約となり、外交選択肢が狭められるからだ。泥沼化するアフガニスタン戦争やイラク戦争、テロとの戦いで実力行使をためらうことも予想される。 問 オバマ大統領の就任10カ月で最大の成果は何か? 答 ノーベル平和賞だ。 オバマ大統領の平和賞受賞について、米共和党がコメントした。「失業率10%を招いた大統領は、ノーベル雇用賞は無理だろう」 国際オリンピック委員会は、バラク・オバマに金メダルを授与することを決めた。授賞理由は、大統領が100メートルを9.5秒で走ってみせると何度も真剣に演説で約束したから。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順