クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

トップ記事と無視 船員とダライ・ラマの差

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2009年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 日々の退屈なニュースの中に、想像もできない宝石が混っている。虚構を扱う小説家なら、「あ、これは奇想天外すぎるわ」と捨てたであろう筋書が、現実の世界にある。私は八丈島沖から生還した三人の漁船員の話を新聞で読んで、ほとほと感心した。小説より奇なりとはこれか、と思った。 海は時化ていた。八人が乗った漁船は転覆した。 調理室の大型冷蔵庫が倒れ、外開きドアを塞いだ。三人は居住区に閉じ込められた。船長と先に出た四人は、一瞬の差で「生」をつかんだはずだった。台風二十号が来て、現場海域を通って去った。捜索は一時中断。四日目、九十時間。家族は、もうダメだと覚悟した。 船は上下が天地返しになり、出口はないだろう。飲み水も食糧もない。何より酸素がない。船に残った者は水牢の中で徐々に息絶えていくだろうと、誰もが思った。 いや生存の望みはある、と学者は言った。人の吐く息の二酸化炭素は、足元の海水に溶けやすい。海が荒れたため大量の泡が発生し、それが酸素を船内に運び込むであろう云々。だが本当だろうか? 泡が入るなら海水も入っていくんじゃないか? 九十時間後に巡視船が船体を見つけた。乗り移った潜水士がコツコツと船底を叩くと、中から応答があった。「どこにいる?」「何人?」「三人」。声が通じた。潜水士六人が船内に入り、三人に空気タンクのレギュレーターをくわえさせ、六人がかりでリレーして一人ずつ海面に出した。三人は、船体最下部(転覆して最上部になった)の狭い空間に体を寄せて寝ていた。酸素は、どこからか入ってきた。船腹を通じて外の明暗が見え、昼夜が識別できた。三人とも元気だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順