経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(23)

円高とデフレのメカニズム

田中直毅
執筆者:田中直毅 2010年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

 円高、デフレに直撃されるわが国の経済状況を、国債を軸に考えてみたい。二〇〇九年、そして明けて一〇年、われわれはいわば「戦時国債」発行の真っ只中にある。どのような「戦争」を、誰を相手に闘っているのか、指揮官は誰か、参謀らしき存在は見うけられるのか。そしてこれを批判する国民のなかに、更なる逸脱につながる提言の主が増えることはないのか。 気掛かりなことは多いが、この進行劇の第一幕は、不気味なことにこの「戦時国債」が何の押しつけもなく、円滑に買い上げられていくところから始まった。税収が四十兆円弱、新規国債の発行額が五十兆円突破という枠組みが明瞭になったにもかかわらず、十一月十一日から国債の流動利回りは低下局面に入った。買いが先行し始めたのだ。 税収よりも借入の方が多い財政状況は敗戦の翌年の一九四六年度以来のことである。当時はこの財政赤字を日本銀行が紙幣の増刷で埋めた。財政赤字の貨幣化(マネタイゼーション)の典型例である。結果は目を覆うようなインフレであった。戦時中に発行された「愛国国債」の保有者は、自らの保有する資産の紙くず化を見守る以外になかった。敗戦があり、国家の創業以来初めて占領軍を受け入れたのだし、しかたがない、命がつながっただけありがたい、というのが当時の忠勇なる国民の率直な思いであった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順