第五次「製造業海外流出」をどう生かすか

執筆者:新田賢吾 2010年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

国内需要の長期的減退に温暖化対策、円高が追い打ちをかける。これからの製造業のあるべき姿とは――。 日本の製造業の海外流出が再び加速している。工業製品に対する国内の需要は二〇〇八年九月のリーマン・ショックを機に三〇%以上も急減し、「需要の瞬間蒸発」を起こしたが、その衝撃が過ぎた後も回復の兆しが見えない。その一方で、中国、インド、ブラジルなど新興国のモノの需要は、いち早く回復し、勢いよく拡大しているからだ。自動車、エレクトロニクスから鉄鋼など素材まで、日本の製造業は成長を求めて新興国、途上国への流出を進めており、日本は空洞化を防ぐための産業戦略の再構築を求められている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順