フランスがミッテラン人脈で探る北朝鮮ビジネス

国末憲人
執筆者:国末憲人 2010年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ ロシア

[パリ発]実際以上の成果を打ち上げて演出しがちなフランス外交にしては、慎み深い行動だった。サルコジ大統領の特使としてラング元文化相が十一月に平壌を訪問、両国の国交樹立の条件を探った一件だ。九日に平壌に到着した元文化相は、十日に朴宜春・外相と、十二日に金永南・最高人民会議常任委員長と会談した。ただ、仏大統領府の発表は型どおり、ラング氏本人もメディアへの露出を極力避け、目立ちたくない姿勢がありありだった。 フランスは欧州の主要国で唯一、北朝鮮と外交関係を結んでいない。それがいよいよ動き始めた背景に政治的な意図は薄く、核開発を巡って駆け引きを続ける米朝に割って入る気などさらさらないようだ。そこは、自国の企業振興のためなら何でも厭わないビジネスマン大統領サルコジ氏。むしろ、オバマ米政権の下で緊張がやや緩和した情勢を目ざとく見極め、仏企業の投資や参入の布石をこっそりと打とうとしたとみるのが正解だろう。 戦後、ドゴール大統領の下で米国との距離を置き、独自の外交を展開したフランスにとって、米国にもソ連にもくみしない国々はある種の盟友だった。チトー大統領のユーゴスラビア、チャウシェスク大統領のルーマニアはその代表だ。ソ連と中国との間で微妙なバランスを取ってきた北朝鮮も、決して遠ざけるべき国ではなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順