国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(4)

遷都1300年「平城京」で起きた聖武天皇と藤原氏の暗闘

関裕二
執筆者:関裕二 2010年1月号
カテゴリ: 文化・歴史

 二〇一〇年は平城京遷都千三百年の節目だ。大極殿も復元され、いよいよお祭りムードも高まってきた。 平城京に都が置かれた時代は、安定と繁栄の時代というイメージがある。『万葉集』に「あをによし寧楽の京師は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり」と歌われているからだろう。 だが、平城京には、これまであまり語られることのなかった歴史が隠されている。それは、天皇家と藤原氏の暗闘である。 そもそも、平城京は「天皇のための都」ではない。藤原氏が自家の栄華を誇示するための都であった。大極殿を見下ろす高台に藤原氏の氏寺・興福寺が建立されたのがいい例だ。 藤原氏は天皇に自家の女人を嫁がせ、産まれた子を天皇に据えた。平城京の主・聖武天皇こそ、藤原氏念願の「藤原の子」だった。しかも、母と皇后どちらも藤原不比等の娘という念の入れようである。律令(法)と天皇を自由に操ることによって、藤原氏は盤石の体制を敷いたのである。 藤原氏は、政敵を陰謀にはめて、容赦なく排除した。このため、藤原氏に逆らう者はいなくなった。こうして藤原氏は、わが世の春を謳歌していく。 ところが、ある時期を境に、聖武天皇は豹変する。 きっかけは、藤原不比等の四人の男子(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)が、天然痘の病魔に冒され一瞬で全滅したことだった。聖武天皇は藤原氏のコントロールが効かなくなり、藤原氏と対決していく。また、平城京を離れ数年間各地を転々とするなど、謎の行動を取った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順