饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(144)

オバマ政権初の国賓歓迎会 インドが栄に浴したワケ

西川恵
執筆者:西川恵 2010年1月号
カテゴリ: 国際

 オバマ米大統領が就任後初めての国賓歓迎会をホワイトハウスで催した。十一月二十四日、その栄に浴したのはインドのマンモハン・シン首相。ホワイトハウスの庭で、両国関係者三百四十人を招いての絢爛豪華な宴がもたれた。 アジア歴訪を終えてわずか五日後、インド首相を国賓として迎えたのにはオバマ大統領の気配りがあった。歴訪では中国に四日間滞在する一方、インドには立ち寄らず、中国と張り合うインドにとって心穏やかでなかったはずだ(実際、インドでは「インドを犠牲にした訪中」と批判が上がった)。これを織り込んで、インド首相を初の国賓として迎えるべく日程を組んでいたのだ。 ミシェル・オバマ夫人も側面支援した。当日昼、ジャーナリストを招き、饗宴に出す料理を味見させるとともに、自ら饗宴内容をブリーフィング。「国賓訪問とその歓迎宴は米外交にとって大切な一里塚です」と述べ、インド首相を手厚くもてなす意味を力説した。 その夜、ホワイトハウスの庭に巨大なテントが張られ、十人掛けの丸いテーブルが三十四卓並んだ。テーブルクロスはインド国鳥の孔雀の黄緑色。テントを囲むように木蓮の枝飾りの壁が作られ、花の香りが会場に充満した。「木蓮はインドと米国が原産」とホワイトハウスは説明した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順