両陛下カナダご訪問に見る「皇室外交」の意味

西川恵
執筆者:西川恵 2010年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

「皇室外交」という言葉が宮内庁は気に入らないようだ。皇室の政治利用と見られかねないこともあるが、そもそも天皇、皇后両陛下の外国訪問や要人との謁見は本来の意味での外交とは異なるとの思いがある。
 元来、外交というものは「自国の国益にとって、Aという国はBという国より重要である」との政治認識に基づいて展開される。そこには格付け、差別、優遇といった政治的キーワードがちりばめられている。
 しかし皇室が展開する国際親善活動は、そうしたものとは無縁だ。両陛下はすべての国、すべての人に対して平等に接するのをモットーとしている。今回、中国要人との異例の会見が問題となったのも、皇室の政治利用への懸念のほか、特定の国だけに特別待遇を与えることへの拒否感が、天皇の思いを知る宮内庁にはあったと見られる。
 これが単なるお題目でないことは、宮中の歓迎宴の飲みもの一つにも象徴的に表れている。宮中晩餐会で出される白ワインと赤ワインは、常にフランスの最高クラスと決まっている。これはアフリカの小さな国の大統領であろうと、米大統領であろうと不変で、考えてみると実はすごいことなのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順