ゆうちょ銀行「財投化」の悪だくみ

執筆者:本田真澄 2010年1月号
エリア: 日本

貯金残高百八十兆円の「巨大なサイフ」を手に入れた財務省。これを「第二の予算」として大盤振る舞いするためのカラクリとは。「これで郵政を取り込めたな」 斎藤次郎氏の日本郵政社長就任が決まった十月下旬、勝栄二郎主計局長を中心とした財務省の中枢は沸いていた。彼らにとって、日本郵政は「巨大なサイフ」だ。傘下のゆうちょ銀行の貯金残高は約百八十兆円。超低金利が続き目減りしたとはいえ、今なおメガバンクを凌ぐ巨額資金を再び自分たちの裁量で使える――彼らの思考は、早くもその「使途」に飛んでいた。 すこし解説が必要だろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top