ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス(57)

「百年に一度の危機」に注目を集めるドイツの「社会的市場経済」

執筆者:佐瀬昌盛 2010年1月号
カテゴリ: 書評 経済・ビジネス

『社会市場経済の勝利』ルートヴィヒ・エアハルト著/菅良訳時事通信社 1960年刊(原著は57年刊行。現在は古書としてのみ入手可能)「闇市場は突如として姿を消した。陳列棚には商品が溢れ、工場の煙突は煙を吹きあげ、街々にはトラックがひしめいた。どこであろうと、至る所で廃墟の死の静寂の代わりに建築の騒音が鳴りひびいた。この再建の規模も驚くべきものであったが、その突然さにはもっと驚くべきものがあった。それは……通貨改革の日とともにただちに起こったのである。……その前日の夕方までは、ドイツ人はまだ情ないほどわずかな食料をすこしでもよけいに得ようとして、街々をあてどもなくさまよっていた。ところが……翌日には全国民が希望に満ちて将来を眺めたのであった」 一九五七年出版の『万人のための福祉』で西ドイツ(当時)のエアハルト経済相は、その九年前に自分が手掛けた通貨改革の効果を、フランス人ジャーナリストを引用して、そう描写した。通貨改革は紙くず同然のライヒスマルクを一〇〇対六・五の比率でドイッチェ・マルクに切り換える措置で、抜き打ち的にそれが実施された四八年六月には、西ドイツという国家もまだ発足していなかった。米英仏ソの四占領地帯のうちの米英「双地帯」で経済行政長官だったエアハルトが、占領当局の懸念を尻目に敢行、そして成功したのだった。ただ、著者にとって通貨改革は目的ではなく、「社会的市場経済」の実践に必要な通過措置にほかならなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順