行き先のない旅
行き先のない旅(80)

大作家が断行したフランスの「芸術仕分け」

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2010年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 久しぶりの東京で飲みに行ったときのこと。ちょうど世間では「事業仕分け」の風が吹き荒れていた。夫と、夫の飲み友達で日本を代表する作家は、外国に行った折の話に花を咲かせていた。外国で遭遇した忘れがたい経験、人々。尽きせぬ話の中で、ふと、両者とも今回見直しの対象となった「芸術家の国際交流事業」によって、海外で見聞を広めたことがわかった。 夫の場合は、行政刷新会議で約七億円の予算額が問題視された「新進芸術家の海外研修」によってミュンヘンのバイエルン国立歌劇場で研修した。若い指揮者は、若い故に指揮経験がなく、経験がないからさらに機会が与えられないという、堂々めぐりに悩む。バイオリニストやピアニストならば、十代初めでもプロとして活躍し、収入を得ることも可能だろう。指揮者の場合には、そうはいかない。 夫にとって、この海外研修は、扉を世界に開いてくれた大きなチャンスだった。毎日朝から晩まで劇場に出かけ、日本にいたとしたら夢の存在だった大指揮者に、練習を見せてくださいと頼みこむ。職人が師匠の技を盗み見ながら覚えていくように、指揮者も大マエストロのやり方を、まずは真似てみるものだそうだ。 文化庁からの義務は三カ月ごとに一、二枚の報告書を出すのみ。あとは自由に時間が使え、劇場の中で見るもの聴くもの全てを、ただただ、吸い取り紙のように吸収していった日々。自分の原点は、あの時代にあると夫は断言する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順