ロシアの「国家的惨事」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2010年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 ロシアのメドベージェフ大統領が国民のアルコール大量消費を「国家的な惨事」とし、ウオツカの最低販売価格設定、酒税増税など節酒政策に乗り出した。 大統領によれば、ロシア人1人当たりの純アルコール消費量は年間18リットルに上り、世界一。「信じられない量で、国と国民にとって脅威だ」と述べた。冷戦後に人気が高まったビールの総消費量も、今や中国、米国に次いで世界3位。 節酒令は、かつてゴルバチョフ旧ソ連大統領が書記長時代の1985年に打ち出し、空前の物不足や密造酒につながったことがある。ペレストロイカ時代に学生生活を送った「ゴルバチョフ・チルドレン」の大統領は、不人気な政策にあえて挑戦した。 ただし、節酒令はゴルバチョフだけでなく、歴代のロシア皇帝が試みて失敗しており、大統領は「数世紀も続いてきた問題を一夜で解決できない」とも述べた。「節酒政策は双頭政権の人気低下につながる」(ベドモスチ紙)とみられる。 問 メドベージェフ大統領が10時間あるロシア全土の時差を縮小する方針を打ち出したのはなぜか? 答 朝、モスクワの役人が二日酔いで出勤する頃、夕方の極東では役人が飲み始めているからだ。 メドベージェフ大統領が部下に尋ねた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順