クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

友愛より母の愛 鳩山家の浮世離れ観

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2010年1月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 人間二人の名の一致は、世間に珍しいことではない。だが二組の父子の間に奇妙な偶然の一致があれば、つい気になる。 三島由紀夫(これは筆名。本名は平岡公威)は、息子を威一郎と名付けた。一方の高級官僚にして政治家であった鳩山威一郎は、長男を由紀夫と命名した。ただいま日本の総理大臣である。 由紀夫の子が威一郎と威一郎の子が由紀夫。それだけの話で、それ以上の不思議はないが、二組の父子の名がクロスした点が妙である。むろん二組の四人とも、一九七〇年あの市ヶ谷の「事件」前に生まれている。 三島由紀夫はバルコニーから演説し、自衛隊員に決起を促した。鳩山の由紀夫は米軍普天間基地の移設先を決める責任者で、これを書いている時点でまだ移設先は決まっていない。 彼は少し気色ばんだ口調でカメラに向かって「決断は私がします」と言った。聞いて私は「あんた総理大臣やろ。あんたが決断するの当たり前やないか」と、アホらしかった。だが少し考えると、小沢一郎がぶっきらぼうに「普天間の海兵隊なんか、グアムかどこかへ放り出してしまえ」と、とっくに「決断」しているのかも知れないな。鳩山は不同意で、だからこそ力をこめて「私が決断します」と断言したんじゃないかな、と思い直した。真相は不明だが。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順