新規上場の目玉 大塚グループの狙い

2010年2月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 食品・医薬品大手の大塚ホールディングス(HD)が今年、株式を上場する見通し。スポーツ飲料の「ポカリスエット」を販売する大塚製薬などを傘下に従え、連結売上高が一兆円に迫る大企業なのだが、これまで続けてきた非上場路線を転換することになりそうだ。 大塚HD傘下にはボンカレーの大塚食品や大鵬薬品工業も入っている。もともとグループ内には製薬や食品といった中核企業のほか、化学、倉庫など他業態の企業が林立していたが、二〇〇八年七月に持ち株会社を設立。同年九月の七百十二億円の第三者割当増資をはさんで、複雑な資本関係を持ち株会社中心のシンプルな形態に再編し、今では既上場のアース製薬を除く大塚グループの主要企業はすべて大塚HDの支配下にある。昨年六月には上場後の流動性を高める株式分割も終えた。 主幹事は野村証券とみられ、後は上場を待つばかりの状態。ちなみに当時の増資株は創業家の資産管理会社である大塚アセットのほか、東京放送(TBS)、フジテレビジョン、阿波銀行などに割り当てられている。 大塚グループはM&Aに熱心でもあり、〇八年に欧州の製薬会社、食品会社の二社を買収。上場時に調達する資金で他社買収を加速するとみられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順