「米国人入国者」に神経を尖らせるパキスタン

2010年2月号
カテゴリ: 国際

 パキスタン政府は、アメリカ人の入国を、首都イスラマバードのベナジル・ブット国際空港からのみに限定することを決めた。 地元紙『ネイション』によると、問題とされているのは俗に「ジハード・シーカー」と呼ばれるテロリスト志願者。最近もパンジャブ州で、アメリカ国籍の五人の男がパキスタン国内でのテロを計画していたとして逮捕された。五人は米バージニア州出身で、同州アレクサンドリアのイスラム寺院に一緒に通う仲だった。昨年十一月に行方をくらまし、十二月九日にパキスタンで逮捕された。パキスタンで、ジャイシュ・イ・モハメドやジャマート・ウド・ダワといった武装組織と接触していたという。前者は二〇〇二年に米ウォールストリート・ジャーナル紙のダニエル・パール記者の誘拐殺害に関与したとされる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top