民主党政務三役に「外国人政策」を問う

出井康博
執筆者:出井康博 2010年2月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

 民主党が昨年の総選挙前に発表したマニフェスト(政権公約)には、「外国人労働者」や「移民」に関する記述が全く見当たらない。その理由として、二つのことが考えられる。 まず、民主党内部でも、彼らの受け入れに関し、統一見解が存在するとは思えない。現在、外国人参政権を巡って同党が割れているのは象徴的だ。そして何より、外国人労働者問題は有権者の広範な支持を得にくい。選挙を考えれば、「子ども手当」や「高速道路無料化」など、有権者受けしそうな政策を前面に押し出す方が得策だ。とはいえ、外国人労働者と、その先にある移民受け入れの議論は、日本として避けて通れないものである。 この連載は三年前、根本的な議論を経ないまま進められる外国人労働者の受け入れに警鐘を鳴らす目的でスタートした。建前上は受け入れを禁じているはずの「単純労働者」が、日系人や研修生という資格で入国し、数十万人単位で仕事に就いている。二〇〇八年には、外国人介護士・看護師の受け入れも始まった。だが、現場の取材から浮かび上がるのは、外国人の受け入れによって利権を得る一部の政治家と官僚の姿ばかり。国家としての戦略などあったものではない。そこに筆者は大きな危機感を覚える。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順