「蒋介石ブーム」が意味するもの

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2010年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

欧米の研究者の間で「腐敗した独裁者」とみなされ、中国共産党からは「人民の公敵」と位置づけられた男。その評価が、いま劇的に変わりつつある。五十五年間、一日も欠かさずにつけられた日記をひもときながら、世界中で沸き立つ再評価のうねりをレポートする。[台北発]蒋介石のひ孫は、饒舌だった。「両蒋が神格化されなくなった時代に、我々は何をすべきか。いま、台湾でも中国でも、人々は神を求めていない。みんなに居心地のよいイージーな歴史を見せたい。それが私の目指す方向。家族を使ってお金もうけはしない。両蒋のキャラクターグッズは、ただ興味があって、やってみただけなんだ」「両蒋」とは、台湾の蒋介石元総統(一九七五年没)と息子の蒋経国元総統(八八年没)の二人を指す。 蒋介石のひ孫、蒋経国の孫にあたる蒋友柏(三三)は昨年、両蒋のキャラクター商品を開発し、ヒットさせた。台湾に君臨した二人の独裁者の顔がユーモラスに描かれたTシャツやマグカップを前に力説したのは、蒋家の歴史に向き合うことの大切さだった。 蒋介石にスーパーマンのシャツまで着せたデザインについて「蒋介石は独裁者で超人的な指導者だったから、ぴったりだと思った」。語り口は軽やかだが、蒋家の一員から発せられた言葉だけに逆に重みを感じる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順