勃発した「藤井一派」vs.「アンチ財務省」の暗闘

執筆者:富山創一朗 2010年2月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

財務省の一人勝ちに、党内や他省庁の不満が溜まっていた。経産省と組んだ菅副総理は、ついに藤井一派を追い落としたが……。 辞任は健康上の理由としているが、永田町でそれを信じる者はいない。もちろん藤井裕久財務相のことだ。予算編成を巡る菅直人副総理、鳩山由紀夫首相、そして小沢一郎民主党幹事長との鞘当てに、神経をすり減らした末のことだろう。会見で藤井氏が漏らした「疲れた」というひと言は、本音だったに違いない。 政権発足当初から菅副総理と藤井財務相の軋轢は続いていた。二人の仲が悪いというわけではない。そもそも、菅副総理が兼務した経済財政政策担当大臣と、財務相の権限の線引きが不明確だったところに原因がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順