80時間世界一周
80時間世界一周(66)

エチオピアが拠点となるアフリカの金融ビジネス

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2010年2月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: アフリカ

 モカ・コーヒーの故郷エチオピアで、美味しいコーヒーが飲めるお店を捜し求めて辿り着いたのは、首都アディスアベバ市内にあるカフェだった。道路を挟んだ空き地には競り売りにかけられる山羊が群れており、異国情緒は満点。まるで映画の一コマを思わせた。 モカという冠は、アラビア半島南西部にあるイエメンのモカ港から積み出されたことに由来する。また、コーヒーはもともとイスラム教徒が夜間の勤行を助ける眠気覚ましとして使ったものであり、十五世紀初頭にはイエメンのモスク(イスラム寺院)で飲まれるようになっていた。 それならコーヒーの原産地はイエメンかといえば否である。それはエチオピアの高原地帯カファとされ、種や苗木が紅海を渡って対岸のモカ港に持ち込まれたと伝えられる。原産地の観点からみれば、モカ・コーヒーはエチオピア・コーヒーと呼ばれてしかるべきだと主張する向きもある。 エチオピアはコーヒーの大生産国であり、また優秀なマラソン走者の輩出国というイメージも強いが、実はアフリカ大陸の開発でも重要な役割を果たしている。 首都アディスアベバにはアフリカの地域協力機構「アフリカ連合(AU)」の本部があり、ヨーロッパの有力銀行が支店を構える。広大なアフリカ大陸を見渡してみると、東アフリカの内陸国であるエチオピアは政治的に最も安定しており、治安もよい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順