クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

デトロイト上空 日本人の教えた「テロ」

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2010年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ 北米

 料理をオンラインで持ってくる店がある。テーブル上のパソコン端末で好きなものを検索してクリックすると調理室が情報を受け、注文した順に持ってくる。刻々の合計金額が表示され、割り勘にするなら一クリックで一人なんぼと表示される。場所は横浜駅西口某ビル二十五階という。息子の車の助手席に乗って出かけた。これも正月休みの話のネタである。 高速に乗って驚いた。夜の外出など滅多にしないから忘れていたが、視力の弱い私の見る道路照明は無いに等しい。漆黒の闇を突き進む、SF映画中の人物になったような錯覚を抱く。 後ろの席には嫁と孫娘二人が座り、くつろいで女三人のお喋りをしている。私は思い出した。私が運転していた頃、日本の車にはシートベルトがなかった。ドア・ロックもなかった。危険千万である。だが、また思えば、我が家からすぐの山裾に、こんなスピードで走れる高速道路も、昔は存在しなかった。 視力を損ねハンドルを握らなくなって二十数年、車の性能と事故を避ける工夫は、いわば互いに励まし合う形で、より高度なクルマ社会を築いてきた。 互いに、相手を打ち負かそうとしながら進歩する。それは戦車の装甲と対戦車砲の貫通能力の関係に似ている。ロンドンの戦争博物館には、第一次世界大戦中に初めて戦車が戦線で使われてからの対戦車砲が並べて展示してあった。その一門一門が、より有効な装甲を持つドイツ戦車の進歩と正確に並行していた。私は眺めて、思わず呵々大笑した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順