キリン・サントリー「破談」に見る「創業家の意味」

執筆者:新田賢吾 2010年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

経営統合に成功すれば、世界的な有力企業が誕生するはずだった。今回の破談から得られる教訓とは――。 食品業界において「世紀の大合併」といわれたキリンホールディングス(HD)とサントリーHDの経営統合が破談となった。両社の統合は「勝ち組企業」同士が、需要のしぼむ国内市場にとどまらず、新興国はじめグローバル市場での大きな展開を目指す前向きな統合であり、実現すれば日本の産業史に残るものだった。 筆者は本誌二〇〇九年九月号で両社の統合の決断を評価しつつも、企業文化、体質があまりに異なっており、「現状では統合前にご破算になる可能性もみておくべきだろう」と指摘した。その懸念が現実化したことは残念だが、破談の原因を分析することは日本企業の経営によい教訓、参考になるはずだ。注目すべきは、創業家の持つ意味である。問題は「理念の違い」 今回の破談の最大の原因は、サントリーの創業者一族(佐治家、鳥居家)の統合新会社への影響力のあり方だったといえる。キリン側とすれば、統合新会社で創業家にあまりに大きなプレゼンスを持たれた場合、経営の自由度が低下し、キリンの既存株主の利益を毀損しかねない。さらに、人事や投資、配当政策などで創業家の壟断を許すことになるのを恐れた、とみて間違いない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順