インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米国の対中強硬策 影の主役は情報機関

春名幹男
執筆者:春名幹男 2010年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

 年明けから、米国の民・官・情報機関が中国に対して、三連発で鋭い攻撃の矢を放った。 第一発は、米インターネット検索大手、グーグル。中国当局の検閲やサイバー攻撃を理由に中国市場からの撤退を検討、と発表した。 二発目で、クリントン米国務長官が「インターネットの自由」について演説、「サイバー攻撃に関与する国・個人は、国際的な非難に直面するだろう」と中国に警告した。 そして三発目。ブレア国家情報長官(DNI)が議会に提出した「年次脅威評価」報告書で「中国の攻撃的なサイバー活動」に対して警戒を呼び掛けた。 グーグルは、発表の数時間前に米政府に通知しただけで、この問題で政府は無関係としている。だがグーグルCEO(最高経営責任者)のシュミット氏はオバマ大統領の支持者で、科学技術諮問委員だ。 さらに、オバマ大統領は、中国が反対する台湾への総額六十四億ドル(約五千七百億円)の武器輸出を決めた。鮮やかな対中一斉攻撃だった。 オバマ政権は昨年末まで、中国に対して極めて融和的だったが、中国側はオバマ政権への協力姿勢を見せなかったばかりか、大がかりな対米サイバー攻撃を仕掛けてきたのだ。 クリントン長官は昨年二月に訪中した際は、「世界経済危機問題には人権問題を絡ませない」と公言し、中国の人権問題を追及しない方針を示していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順