饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(146)

米大統領夫人が体現する「ファッション民主主義」

西川恵
執筆者:西川恵 2010年3月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 米国のファーストレディー、ミシェル・オバマ夫人(四六)の装いが、最近、「ファッション・デモクラシー」というキーワードで語られている。 ファッション民主主義――この意味するところは「ハイ・アンド・ロー」、つまり特定のブランドに偏らず、高額なものも、安価なカジュアルも、またアヴァンギャルド(前衛)も、ミックスして自分のファッションに取り入れることだ。さらには一般庶民が真似できるファッションという意味もここには込められている。 最近、著書『ミセス・O ファッション・デモクラシーの顔』を出したモード評論家のメリー・トマーさんは「庶民はファーストレディーの装いに憧れながらも、これまでは手が届かなかった。しかしミシェル夫人の服は価格的に手が届くものが多い。夫人の着た服を人々も着るのが流行で、こんなことはかつてなかった」と語る。 過去、政治や社交の場でファッション・アイコンとして注目されたジャクリーン・ケネディ米大統領夫人と英国のダイアナ妃。二人は衣装のもつ政治的象徴性やシンボル機能を熟知してもいた。例えばジャクリーン夫人はモダンなデザインと大胆な色柄を取り入れたが、これはケネディ大統領のニューフロンティア政策に流れる楽観主義と共鳴し、政策のイメージ形成に大きな役割を果たした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順