消去法で選ばれたウクライナ新大統領の「資質」

執筆者:大木俊治 2010年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

[キエフ発]東欧とロシアにはさまれた旧ソ連のウクライナで二月七日、次期大統領選挙の決選投票が行なわれ、親露派のビクトル・ヤヌコビッチ氏(五九)が当選を確実にした。二〇〇四年十二月の前回選挙では、当時のクチマ大統領や隣国ロシアの支援を受け、いったんは「当選」を宣言されながら、政権の不正投票を糾弾する市民の民主化運動「オレンジ革命」の前にやり直し選挙を迫られ、親欧米派のビクトル・ユーシェンコ現大統領(五五)に敗れた人物だ。 今回の相手は「オレンジ革命」でユーシェンコ氏を支え、美貌と扇動的な演説で名をはせた女性のイリヤ・ティモシェンコ首相(四九)。ヤヌコビッチ氏の大柄でいかつい風貌から「野獣と美女の対決」とも言われたが、「野獣」が「美女」を破り、五年前の雪辱を果たした。 前回は当時のクチマ政権の圧政に反発した数十万人の市民が首都キエフ中心部の独立広場に集結し、政権の後ろ盾を受けたヤヌコビッチ氏は完全な「悪役」だった。「しかし、その後の五年間で彼は変わった。かつては典型的なソ連の工場長タイプだったが、米国のコンサルタントを雇ってソフトな印象作りに成功した」と、ユーシェンコ政権初期の大統領府長官だったオレフ・リバチュク氏は言う。政策も従来のロシア一辺倒から、欧州への統合を目指しつつロシアとの関係改善に取り組む「バランス外交」に転じた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順