無罪判決で復活した「サルコジのライバル」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2010年3月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

[パリ発]フランス国民の前に再び戻って来ると、どれだけの人が思い描いただろうか。仏政財界を巻き込んだ「クリアストリーム疑惑」で虚偽告発などの罪に問われ、執行猶予付き禁固一年六カ月と四万五千ユーロの罰金を求刑されていたドミニク・ドビルパン前首相(五六)である。一月二十八日、パリ軽罪裁判所で無罪判決を勝ち取った。 シラク前大統領の腹心として事務方に徹してきたドビルパン氏は、シラク政権二期目で抜擢された外相在任時、フランスと世界に自らを強く印象づけた。米ブッシュ政権のイラク攻撃を制止する外交キャンペーンを主導し、二〇〇三年二月の国連安保理では米英を牽制して「私たちは理想の守り手、良心の守り手だ」と大見得を切り、満場の拍手に迎えられた。〇五年には首相に就任し、シラク氏の後継の立場をサルコジ氏と争うほどの地位に駆け上がった。 だが、〇六年に打ち出した若者向け雇用政策への反発から人気を落とし、大統領選への立候補を断念。これに追い打ちをかけたのがクリアストリーム疑惑だった。台湾へのフリゲート艦輸出に絡む裏金がルクセンブルクの金融機関クリアストリームの口座に振り込まれたとされるスキャンダルで、捜査当局が〇四年に入手した口座リストにサルコジ氏の名前が含まれていた。本当なら、大統領の座を狙うサルコジ氏にとって致命的。ところが、このリストが偽造されたものだと後に判明した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順