「下着爆弾男」の衝撃

名越健郎
執筆者:名越健郎 2010年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ 北米

 昨年のクリスマス。テロリストがアムステルダム発デトロイト行きの米デルタ航空機爆破を図った事件は“Underwear bomber”(下着爆弾男)として米社会に衝撃を与えた。 ナイジェリアの裕福な銀行家の家庭に育ったアブドルムタラブ容疑者(23)は、爆発性粉末の入った包みを下着に縫い込み、毛布に隠して注射器の化学物質を注入し、爆発させようとした。容疑者を取り押さえ、火を消したオランダ人男性は一躍英雄となった。 2001年の米同時テロから9年。この事件は、米国で大型テロへの警戒感が薄れつつあることに警鐘を鳴らした。 下着爆弾事件で、共和党のジュリアーニ元ニューヨーク市長が「ブッシュ時代には大型テロはなかった」とオバマ政権の対応を批判した。 テレビキャスターがコメントした。「仕方がない。9.11を忘れているのは彼だけではない」 下着爆弾男が独房で見た夢――。 男は航空機爆破に成功し、殉教者として天国に迎えられた。神が男に言った。「良いニュースと悪いニュースがある。良いニュースは、コーランの教えに沿って、72人の処女がお待ちかねだ。悪いニュースは、君の下半身は爆発で使い物にならない」 下着爆弾男がファーストクラスに連行されるのを見て、エコノミークラスの乗客が言った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順