クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

大地震と豪華客船 救済か偽善か

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2010年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 ことさらに「節目」を言う人がいる。私は人生が過ぎゆくときも黙って見送りたい方なので、国家や人の運命にいちいち節目を感じたり感慨を催したりしない。だが先日、横浜港・大桟橋に近いレストランに座っていて、ふと「この海、この桟橋、船出したのは五十年前だ」とグッと感じた。一九六〇年七月、私は横浜港からアメリカへ向け旅立った。 当時、ジェット旅客機はすでに就航し始めていたが、速いかわり高かった。米国務省は留学生には贅沢だと判断したらしい。われわれ二十数人の若い日本人は、プレジデント・クリーブランド号の三段ベッドの一つ一つを割り当てられ、ドラの音と共に大桟橋を離れた。 われわれよりちょうど百年前の万延元年、日米修好通商条約の批准書を携えた幕府の遣米使節団は米艦ポーハタン号で、またその随伴艦・咸臨丸も前後して、われらと同じ東京湾を出て、はるかに遠い米国に向かった。節目かどうかはともかく、まあ歴史の区切りである。ただし今日より五十年前のわれらの頭上には、もはやチョンマゲはなかった。 五十年後の今日、船旅は安価すなわち節約ではなく、贅沢なヒマつぶしになった。時間とゼニの余っている人だけに許されるオーシャン・クルージング。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順