中国が買ったウクライナ空母ようやく試験航海に

2010年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 中国・台湾

 中国が一九九八年にウクライナから廃艦同然の状態で購入し、大連で改修していた空母「ワリヤーグ」が近く試験航海する。二〇〇九年四月、乾ドックに揚げて艦橋や甲板を整備する写真などが報じられたが、中国軍筋によれば「最難関は動力系統だった。点火燃焼実験も終え、ようやくめどがついた」という。 軍中枢は、八八年の進水から二十年以上を経た同艦は、特殊鋼鈑が劣化して戦闘艦には不適と判断。練習艦兼実験艦として海軍北海艦隊に編入し、潜水艦基地で艦艇の修理・整備拠点でもある遼寧省・葫蘆島を母港とする方針が決まっていた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順