男が取り組むべきは「育児」に加え「地元」

執筆者:渥美由喜 2010年4月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

「イケメンよりイクメンという言葉を流行らせたい」。一月の参院予算委員会での長妻昭厚生労働相の発言だ。「イクメン」とは「育児をする男性」の意。私は三年ほど前から講演などで、この言葉を使ってきた。だから、言葉そのものには異論ない。しかし、天の邪鬼の私は、大臣が口にするのはいかがなものか、とも感じる。 私のような民間の一研究者には言葉遊びによるゲリラ戦も一つの戦術だ。だが、大臣、それも担当閣僚ともなれば直接的かつ強大な権限を持っている。男性の育児参加を促そうとするのなら、他にやるべきことがもっとあるのに、と思ったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順