国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(7)

資源争奪戦の「肝」だった半島の「鉄」日本の「森林」

関裕二
執筆者:関裕二 2010年4月号
カテゴリ: 文化・歴史

 国境を越えた資源争奪戦は、今に始まったわけではない。極論すれば、古代のヤマト建国も、「誰が鉄を手にするのか」、その争いだったのだ。 弥生時代後期、鉄鉱石の産地・朝鮮半島南部には、鉄を求めて各地から人が集まり、その中に倭人が混じっていたという。またこの後、大量の鉄が日本列島に向けて輸出されるようになるのだが、当初鉄を独占していたのは、北部九州だった。 ところが、三世紀後半から四世紀にかけてヤマトが建国されると、鉄は一気に東に向かって流れ出す。瀬戸内海勢力が、北部九州を圧倒し、鉄の流通ルートを確保したのだろう。 ところで、鉄の流通には、ひとつの大きな謎が残された。というのも、朝鮮半島南部から鉄がもたらされたことは分かっているが、では日本列島から、見返りに何を送ったのかがはっきりとしない。つまり、極端な輸入超過なのだ。 古代の日本列島には、朝鮮半島から先進の文物が次々ともたらされた。ならばそれは、慈悲や「お恵み」だったのか。あるいは、渡来人が倭国を支配するための、祖国からの支援活動だったのだろうか。『日本書紀』の神話には、謎解きのヒントになりそうな話が載っている。天界から舞い下りたスサノオは、「韓郷(朝鮮半島)には金銀(金属)の宝があるが、日本には浮宝がなければならない」と語ったという。「浮宝」とは、船や建築用の木材を意味している。そしてスサノオは、体中の毛を抜き、各地に撒き、森林が生まれたという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順