次の20年の20人 ラマ・ヤド

国末憲人
執筆者:国末憲人 2010年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 とにかく目立つ。 黒人であるからだけではない。フランスの閣僚の中でも頭一つ抜けた長身で、目が覚めるような笑顔の美人。サルコジ政権で二〇〇七年から人権担当相、〇九年からスポーツ担当相を務めるラマ・ヤドだ。 口を開いても、やはり目立つ。サルコジ大統領の言いなりが多い閣僚の中で、言いたい放題。経済協力を進めたい大統領の意に反して、中国や中東諸国の人権状況をずけずけ批判して「閣内不統一だ」と物議を醸した。このような独自性が、右派政治家でトップの大衆人気を集める理由でもあるだろう。 セネガルのイスラム教家庭に生まれ、フランスに家族と移住。移民街で恵まれない少女時代を過ごした。その後、右派政党の活動家となって頭角を現す。 今後ますますマイノリティーが社会進出を果たすだろう欧州で、流れを先取りしているだけではない。若手政治家には珍しく不器用なだけに、細かな政策より理念を訴えることができる。もちろん、フランスの枠を越えるにはまだまだ成長が必要だ。もし脱皮に成功したら、現在のオバマ米大統領のような地位を将来占めるかも知れない。Rama Yade●スポーツ担当相。1976年生れ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順