80時間世界一周
80時間世界一周(68)

「世界の工場」に広がるアフリカ・タウンの勢い

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2010年4月号
カテゴリ: 国際

「世界の工場」として知られる中国・広州にアフリカ人街があると聞き、訪ねてみることにした。地下鉄二号線の終点「三元里」。「小北路」という市内の大通りにもアフリカ人があふれ、アフリカ貿易センターのビルが屹立していたが、ここは別世界だ。噂に違わずアフリカ人だらけである。いずれも広州の北西地域にあり、アフリカ系黒人も多く住む米国ニューヨークのブルックリンを彷彿させることから、「アジアのブルックリン」と呼ばれている。 中国にビジネス・チャンスがあると信じ、ナイジェリア、エチオピア、ケニア、タンザニア、コンゴなどから、大勢のアフリカ人が飛行機を乗り継いで広州にやってくる。広州の白雲国際空港から三元里までタクシーを飛ばせば約二十分だが、香港に到着したアフリカ人は迷わずバスに飛び乗る。所要時間は三時間。格安のバス情報はすでに彼らの「知るところ」であるらしい。「小北路」のアフリカ貿易センタービルを覗いてみた。各フロアにガラス張りの小さな事務所が整然と並び、アフリカ人と中国人がアパレルや電気製品などの買い付けとアフリカ向けの輸出業務を行なっている。アフリカ系のバイヤーを呼び込む仕掛けとして、この貿易センターが広州市政府の肝いりで設立されたことは一目瞭然だ。ここで貿易に従事するアフリカ人は合法的に長期滞在している商人であり、中国とアフリカとの貿易関係を演出する「表の窓口」として機能している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順