アメリカの重要性は変わらない

執筆者:渡部恒雄 2010年9月1日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 この世界において、アメリカの動向を考えないで、自らの政策を考えることができる国家はない。

 アメリカの力が落ちているといっても依然として影響は大きいし、落ちていることの国際情勢への影響も見逃せない。たとえば、世界で最も孤立している北朝鮮ですら米国の動きに左右されている。ましてや同盟関係にある日本は米国の動向に一番敏感であるべきだ。

 しかし米国の内政を含めた状況について、日本人は指導者も含め、どの程度きちんと理解しているだろうか。2009年当初のオバマブームは日本でも大きく報道されたが、その後のオバマ政権の苦境とその背景について、メディアは十分な情報を提供しているだろうか。

 現実的には、日本の新聞が米国報道に割くことができる紙面の量はあまりにも限られている。

「アメリカの部屋」が米国の状況を理解するための理解の一助となれば幸いである。

(渡部恒雄)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡部恒雄 わたなべ・つねお 東京財団上席研究員。1963年生れ。東北大学歯学部卒業後、歯科医師を経て米ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士号を取得。1996年より米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員、2003年3月より同上級研究員として、日本の政党政治、外交政策、日米関係などの研究に携わる。05年に帰国し、三井物産戦略研究所を経て現職。著書に『「今のアメリカ」がわかる本』など。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順