アフリカ研究者のアフリカ論は信用できるか?

平野克己
執筆者:平野克己 2010年9月1日
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

 いまから10年ほどまえ、アフリカ諸国が奴隷貿易に対する補償を求めたことがある。当時のアフリカは永く続く経済低迷と貧困化に苛まれていた。この窮状の歴史的な淵源は奴隷貿易にあるのだから、かつて奴隷貿易を行なった国、奴隷貿易によって潤った国はアフリカに資金を提供せよという主張だった。しかしこれは、一見筋が通っているようで、じつはおかしな議論だ。

 奴隷貿易は人類史上稀に見る蛮行であった。だが、アフリカが永きにわたって大量に奴隷を搬出できたのは売り手がいたからであり、つまりヨーロッパ人に奴隷を売り続けたアフリカの権力が存在したのである。彼らの国家や集団は奴隷貿易によって直接に利益を受けた。一方、奴隷貿易の最大の被害者は奴隷として売られた人々であり、その子孫は当然アフリカの外にいる。もし歴史を遡って奴隷貿易の補償をするとすれば、いったい誰がそれを受けとるべきなのか。たとえば、アフリカ系アメリカ人の納めた税金をアフリカの政府に渡すことは正しいのか――奴隷貿易補償論は要するに詭弁であった。しかし、このときアフリカ側の主張に賛同した研究者も多かったのである。アフリカ研究の危うさをみる思いがした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順