中国はどこを切り取っても面白い

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2010年9月1日

 中国が最近、大きく見えます。

 お金を落とす観光客は中国人だし、景気のいい話も中国の方ばかりです。
外交の舞台では米中が日本の頭越しに仲良くやり始めています。
 北朝鮮問題は中国頼み。軍事力はひたひたと太平洋に押し寄せてきています。
 メディアによる中国の取り上げ方も「中国が存在感を発揮」「中国に注目」的な報道ものが多く、政治も経済もなんだか冴えない日本人は、まずメンタルの面で中国に圧倒されてしまいそうです。

 しかし、いろいろ考えてみると、中国はまだまだこれからの国です。
 政治は相変わらずの一党独裁で、経済成長もいつまで続くとも思えず、所得格差で庶民の不満はたまっています。

 ウイグルやチベットの民族問題も、事態が改善しているようには見えません。
 地震や災害では、びっくりするほどの被害を出してしまいます。
 現実は正負両面が混沌としていて、どこを切り取っても面白い。それがいまの中国です。
 このような観察対象が、いま日本の隣に出現したことは、ウオッチャーにとっては「幸福」のひと言です。
 ですから、中国については楽しみながら、軽やかに、いろんな角度からウオッチする。
 これを、私は基本的なスタンスとしています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順