スーダンの大統領に逮捕状は出ているのだが

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年9月1日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: アフリカ

 ケニアの首都ナイロビで8月27日、同月4日の国民投票で承認された新憲法の公布式典が挙行されました。新憲法の中身とケニア政治の今後についての分析はケニア内政の研究者に任せるとして、この「アフリカ部屋」では、隣国スーダンのバシル大統領が式典に出席したニュースについて記しておきたいと思います。国際法の威信や正義の実現にかかわる重大な問題と考えるからです。

 バシル氏に対しては、スーダン・ダルフール紛争での集団殺害(ジェノサイド)などへの関与で、2009年3月と2010年7月にオランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状が発行されています。

 ICCは警察力を持ちません。スーダンに展開する国連平和維持活動(PKO)の任務にも、逮捕状の執行は含まれていない。さらにスーダン自身がICCに加盟していない。したがって、バシル大統領は国内及び他の未加盟国に滞在する限り、逮捕されません。

 一方、ICC設立条約に加盟している国は108カ国あり、これらの国には逮捕状を執行する義務が課せられています。ケニアも加盟国であり、本来ならばバシル氏が入国した時点で逮捕状を執行し、身柄を拘束しなければなりません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順