饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(148)

「菅首相夫妻」はフランスで結婚40周年を祝えるか

西川恵
執筆者:西川恵 2010年9月3日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 菅直人首相が就任後、初めて迎えた主要国の首脳はフランスのフランソワ・フィヨン首相だった。参院選が終わった5日後の7月16日、首相官邸で首脳会談がもたれ、続いて昼食会になった。

〈膳菜〉厚焼き玉子、イチジク胡麻クリーム、大板かまぼこ、サーモンといくら、薩摩芋蜜煮……
〈お椀〉百合根の茶碗蒸し
〈造り〉本まぐろのトロとシマアジのにぎり鮨
〈焼物〉黒毛和牛ローストビーフに、赤キャベツの山椒煮とアスパラ添え
〈焚き合せ〉焼なすや穴子、ピーマン
〈御飯〉ふかひれ御飯と赤だし、香の物
〈デザート〉夏桃と抹茶アイスに小豆

フィヨン仏首相(左)を豪華な「ワーキングランチ」でもてなした菅首相 (c)時事
フィヨン仏首相(左)を豪華な「ワーキングランチ」でもてなした菅首相 (c)時事

 和洋折衷のメニューである。〈膳菜〉は懐石風に小皿に盛った一口大の料理。それにしても7皿のコースで、この品数。  さらに驚くのは飲みものだ。フランスの首相に敬意を表してフランスワインなのは分かるが、白がコルトン・シャルルマーニュ2003年、赤がシャトー・ラトゥール1996年。フランスの2大銘醸地であるブルゴーニュ地方とボルドー地方の、いずれも最高格付けである。加えて青森県の田酒も出された。  この昼食会はワーキングランチ。会談に引き続き、仕事の話をしながらの昼食会である。料理は品数を少なくし、ワインもどっしりした熟成型は避け、飲みやすい軽めのものにするのがふつうだ。それが品数といい、ワインのレベルといい、公式晩餐会の内容だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順